Cucina Abitabile 〜キッチンに住む〜

クチーナアビタビーレそれは居住可能なキッチンの意。

ガゲナウの食洗機

食洗機についてお話ししたいと思います。

リノーベーションするならせっかくだからキッチンに食洗機入れないなぁとお考えになる方結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?
 
国産なら有名どころと言うか殆ど選択肢はパナソニックです。私は最初から引き出し式の食洗機は考えてませんでした。結局量が入らないのと予備洗いというのが必要になりこれじゃ手洗いしてしまった方が早いのではと感じたからです。
 
海外ならミーレ、AEG、ボッシュ、ガゲナウ、ASKOが購入可能なメーカーです。
以前ミーレの45cmの食洗機を使っていました。
当時ミーレしかカトラリーラックと言う一番上の段の薄いトレーが付いたタイプはありませんでしたのでミーレを選びました。
カトラリーラックはお箸をそのまま並べて入れらるので大変使い勝手が良いのです。
 
ただ海外の食洗機は食器を乾燥させる熱風が出ません。洗ったお湯の熱で自然乾燥的な感じなので運転終了後は少しドアを開けておかなければなりませんでした。
今では上位機種は自動でドアが半開きになったりする機能がついているメーカもありますので、私が使っていた時よりずっと進化しています。
 
海外の食洗機の良い点は全面ドア開きでラックも手前に引き出せ食器はもちろん大きな鍋、まな板、オーブンの天板などストレスなく入れらる事です。
 
にもかかわらず、以前は殆どミーレの食洗機は使いませんでした。最初の頃は物珍しく使ったのですが、途中から食器棚になってしまいました。
 
何故か?
それはサイズです。
45cmの幅はキッチンの収納部分が増やせ、スリムで良いのですが結局あまり洗い物が入らないと言う訳です。
今よりずっとパンやお菓子を作っていましたので毎回かなりの洗いものが出ました。
それに朝晩使用した食器も合わせて食洗機で洗いたかったのですが45cmですと全部入らないので手洗いもすることになりなんだか食洗機を使って電気代を考えるともったいなくて使わなくてなってしまいました。
なにせ海外の食洗機は200Vですし、水をお湯に変えて洗いますので手洗いよりははるかに電気代がかかるなです。
 
なのに、今回また食洗機をキッチンに導入しました。
 
何故?
それはやっぱりせっかくだから入れたい!のと今度は60cmにすると言う2つの理由からでした。
ミーレは以前使っていたと言う理由と、とにかく種類が選択肢が多いのですがそうなるとどうせ買うなら上位機種の方が断然機能が揃っていますのでそちらに目移りしました。ただそうなると高すぎて買えない。なんでこんなに細かく種類があるのか?途中から選ぶのが面倒になったからです。
ASKOもショールームへ伺って説明を受けました。種類は2つで中の棚が4つだったり排水で溜まったゴミを取るのがとてもしやすいかったりでとても魅力的でした。ショールームできちんと説明を受けるといつも素晴らしい商品だと感じ毎回買う気満々になります。
BOSCHの時もそうでした。
f:id:cucinabitabile:20190718150008j:image
f:id:cucinabitabile:20190718150017j:image
f:id:cucinabitabile:20190718150012j:image
ちょっと余談ですが当時私が食洗機を探していた時はBOSCHショールームは食洗機の輸入会社内にあって予約して伺いました。2種類しかなくただガゲナウの親会社がBOSCHになった事もあり中身はガゲナウと同じで更に下で書きますがゼオライトと言うどこのメーカーも設置してないすごい装置がついてました。
f:id:cucinabitabile:20190718150431j:image
↑↓これ自体がゼオライトはなくゼオライトが入る容器です。
f:id:cucinabitabile:20190718150434j:image 
そんな装置がつくというのもちょっと衝撃的でしたし、少しだけガゲナウよりも価格が安いし更にエレクトロラックスのステック掃除機までプレゼントと言う特典付きだったので心がグラグラになりました。
f:id:cucinabitabile:20190718150047j:image
なのでこの時はBOSCHがいいんじゃないかとまたその気になってました。
 
さてASKOに話を戻しますと、そこからからさほど遠くない所にガゲナウのショールームがありますのではしごしました。
ガゲナウはドイツではかなりの高級家電だそうで、ミーレはデパートも購入できるがガゲナウは路面店で店の前にはポルシェが止まっているそんなブランドだそうです。
それなのに日本では価格がミーレと逆転しているので日本ガゲナウを買うのはむしろお得感があるのだとか。
東京の最近建った有名な高級マンションは10階以下はミーレの食洗機で11階からはガゲナウだとか。
e0403416_10115690.jpg
e0403416_18124980.gif
キッチンにある作業台に合わせてグリーンにしました。作業台に関してはまた記載します。
e0403416_18115852.gif
e0403416_18121823.gif
e0403416_18100407.gif
ガゲナウの食洗機を見てまず見た目のスタイリッシュさ、正面にはボタンなどなくスッキリとしています。開けるとコントロールキーが付いています。加えて中の棚のグレーがシックでよかったのとその時はまだ出でいませんでしたが前述したBOSCHに付いていたゼオライト付きの食洗機を先行で購入可能ということを聞いてほぼガゲナウに決定しました。
e0403416_18084437.gif
ゼオライトとはユニクロヒートテックにも入っている素材で水分に反応して熱が出ます。乾燥させるときに庫内のゼオライトが熱を放出して電気を使わずに食器を乾燥させてくれるのです。画像庫内の右上の三角の中にゼオライトが入っています。
 
食洗機は家電としてとにかくなくてはならないものになっています。そしてサイズ60cmが本当に使いやすいです。毎日食器洗いのストレスから完全に解放されました。和食器から洋食器、フライパン、鍋、食洗機対応のものはすべて食洗機任せです。こびりついたカレーやグラタン皿もピカピカになります。
 
カトラリーラックには沢山のカトラリーが入れらる他、小さなお皿や容器の蓋なども洗えます。お箸は入れずに箸用の立てるケースに入れ洗います。お箸をカトラリーラックで寝かせて洗うと洗い上がりに水滴が残って乾いてないことが多いので。
 
真ん中の棚は高さ調整が3段階なので洗うものに合わせて調整出来て便利です。
 
長々書きましたが、結論からいって今回我が家は60cmの海外製にしました。
価格は。。。。驚くほど高いです。国内製より3倍から4倍高いかもしれません。
正直家を買うときにあわせて買わないと、とてもじゃないですが手がでませんでした。ただ、使い始めてからほぼ毎回使用しています。そして驚くほど汚れが良く落ちます。
完全に期待以上でした。
国内メーカー製が悪いわけではないと思います。きっと今はすごく性能も上がっていると思います。ただ食洗機については、欧米は古くから使っていてその長年の歴史による技術の蓄積は簡単には覆すことができないのではと感じてます。いまでは価格差を上回るだけの価値を感じてます。
 
予備洗い、いりません
チーズやカレーのこびりつき、そのままで取れます。
食器類をそのまま放り込むだけです。
(ただ洗剤は大事かもしれません。それはまた次の機会に触れたいと思います)
 
もし今食洗機を海外製にしようか悩んでいらっしゃる方がいるようでしたら、強く、強く、お薦めします。
食後の片付け疲労度が激減します。空いた時間でできることが増えます。どこかのカード会社のセリフではありませんが、その時間プライスレスです。