Cucina Abitabile 〜キッチンに住む〜

クチーナアビタビーレそれは居住可能なキッチンの意。

ゆんぱん 千葉東金

ゆんぱんってご存知でしょうか? 乳製品、卵不使用で、こだわり+ユニークなパンを作っている東金のパン屋さんです。

 

突然ですが、海の帰り良く道の駅に立ち寄ります。

行くポイントで1、2位を争う場所が、「おらい蓮沼」です。

f:id:cucinabitabile:20190306185159j:plain

?看板はないんかい?そう、ないんですよねぇ、道の駅って。

でーーっかいのぼりがたってるんですが、今度撮れたらとります。

追記:

写真とってきました。これが「オライはすぬま」のノボリです。

f:id:cucinabitabile:20190402070754j:plain


 

 

で、今回のパン屋さんですが、「ゆんぱん」さんです。

で、なんで「おらい蓮沼」かというと、このパン屋さん、店がないみたいんです。

 

道の駅で物色していると、なんかちょっと変わった、というか、小さなかごにはいっているパンがあるなぁ、と。

余談ですが、道の駅には良くパンが置いてあります。地元では有名なパン屋さんなんかがところせましと、おいております。それはそれで道の駅のレポートで書きたいとおもっております。

 

で、今回のパンは、その中の一つではあるんですが、普通道の駅においてあるパンは実店舗もあるんですが、このパン屋さんはお店がないので、買える場所は限られてます。どこも道の駅っぽいんですが、この「おらい蓮沼」はそのうちの一つみたいです。

f:id:cucinabitabile:20190307214945j:plain

 

 

 

今回購入したパン三種類f:id:cucinabitabile:20190306191501j:plain

まめぱん

 

f:id:cucinabitabile:20190307212828j:plain

ころんとして、かわいいでしょ。

二個いりです。二個いり以外はありません。あしからず。

f:id:cucinabitabile:20190306191453j:plain

見てください、この豆の入り方。豆もあっさりしているのに甘さはきちんとして、そしてゆんぱんさん、生地がしっかりしてるんです。だから中に入っているものが濃い味になっても全然負けないから、パンのすこしホワっとした香りに豆の滑らかさが加わって癖になります。

 

あまえん棒f:id:cucinabitabile:20190306191457j:plain

糖は、砂糖ではなく粗精糖を使用。ただこのあまえん棒、ココナッツオイルが一番強く感じます。ですので、あまえん棒と書いてあるので糖の甘さやバターなどのこってり重い味を思いがちですが、さらっと食べられます。ただこれもゆんぱんさんの特徴で生地がまた、良い。朝、なんとなく牛乳と一緒に食べたら、朝元気になりそうですね。ほんまかな!?

 

米食パン

f:id:cucinabitabile:20190306191507j:plain

 焼いて、手でちぎってみました。食いちぎった食いかけの写真ではありません!

玄米パンは、かなりドライです。そして生地ももっちり系というより、あっさりどちらかというとぼそ、っとしてます。ただドライな分、焼いてバターつけて、とやっていると普通の食パンにはない香ばしい香りがちょっと満足感を与えてくれます。あくまで玄米パンですがなんとなく穀物パンの感じもして食事と一緒食べれば、主食を邪魔せずただ、そっとサポートするような、そんな食パンでした。

あーっ、折角バター不使用で作ってくれてるのに、バターつけていた、、、、ごめんなさい。

 

まだまだ、ゆんぱん、ほかにもあります。とにかく生地がもっちりしているのにしつこくなく、でも、もっちりもしすぎていないので、食べ飽きしません。

店舗がなく、ある特定日にしか買えないのが非常に残念ですが、我が家ではあると必ずかってしまうパン屋さんです。ぜひ見かけたら試して見てください!おらい蓮沼では、土曜においてますよー。

 

またほかのパンを入手したらアップデートします。