Cucina Abitabile 〜キッチンに住む〜

クチーナアビタビーレそれは居住可能なキッチンの意。

次期ジュリエッタはトナーレみたいな顔⁉︎

イタリア語のサイトでアルファロメオの記事で気になったものを、辞書片手に無理矢理訳してみました。基本的な文法の知識はありますが、あくまで個人の趣味で訳してますので、疑問に思う内容は必ず原文にあたってください。

 

https://www.clubalfa.it/57511-la-futura-alfa-romeo-giulietta-avra-molto-del-suv-tonale

 

将来的にアルファロメオジュリエッタは、SUVトナーレの多くの類似を持つだろう。

f:id:cucinabitabile:20190509165749p:image
 
Club Alfa.it様より引用

 

ロベルトゼルビ氏は、将来的なジュリエッタさえ、トナーレに見るようなメカニカル、形、そしてテクノロジーにおいてトナーレのようになることは必然的だ、と述べた。

 

ジュネーブショーの報道サロンで、アルファロメオのEMEA地区のマーケット責任者であるでロベルトゼルビ氏は、まずはじめに、実際の量産版トナーレの形は、このジュネーブショーに展示されているプロトタイプと非常に似た形になるだろう、と確認した。

 

 

特に前部は、新しいスタイルとして、ビショーネの自動車会社(アルファロメオ)に与えられた。つまり今後はジュリアやステルビオではなく、このトナーレに非常に似てくるだろうという事である。

そのことについていえば、ロベルト・ゼルべ氏は、アルファロメオジュリエッタもまた、メカニカル、形、そしてテクノロジーとして、ビショーネ(アルファロメオ)CセグメントSUVとして登場するだろう、と述べた。

 

つまり、もし仮に次期ジュリエッタが発表することになったら、予測することは簡単だ。なぜならトナーレと多くの共通点を持つとわかるからだ。

残念ながら、ビショーネの経営陣から次期ジュリエッタの登場については、何も確実な事を発表はしていない。

 

結局のところ、今はっきりしている事は、このヨーロッパにおいてますますSUVやクロスオーバーの要求が高まっているということである。