Cucina Abitabile 〜キッチンに住む〜

クチーナアビタビーレそれは居住可能なキッチンの意。

色,カラー,color,colour

リノベーションしていて気づいたこと。

私、イエロー好きでした。

グリーンは高校生の時好きな色でしたが今も好きでした。

洋服やバッグなどだとネイビーやベージュが好きだったので自分が黄色や緑が別段好きと意識したことがなかったのですが家具や壁色を選ぶ時これらの色を選んでいました。

逆に相方は黄色が好きではなくオレンジがすきです。なので玄関入ってすぐ正面の壁はオレンジです。玄関の色々を決める頃は決断出来ないくらい疲れてしまってキッチン部分は終了していたので相方に玄関の色好きにしてとなりました。と言うとか私の好きな黄色がいやだっていうから。

当初ここは壁紙にするつもりでした。壁紙だと下地を粗めに出来ることから安かったのですが壁紙のショールームで色々選んでみると、

f:id:cucinabitabile:20190604153932j:image

↑少し柄のエンボスがあったり

↓フラットなオレンジだったり
f:id:cucinabitabile:20190604153938j:image

貰って来たサンプル部屋の壁に貼って悩む日々↓
f:id:cucinabitabile:20190604153935j:image

元々希望のペンキの色とは異なるため玄関は最初に目に入る場所なので高くなっても塗装にすると言うことで馬喰横山にあるカラーワークスで取り扱いがあるイギリスのペンキFarrow&Ballのオレンジにしました。

このペンキとってもいい色なんです。なんか微妙な色合いでほかのペンキでは出ない色。

その分倍なんてもんじゃないくらい高いです。

単体で見たらもしかしたら分からないかもでも比べてしまうと他のペンキじゃダメだとなります。

本当はこの黄色がいいと思いました。

f:id:cucinabitabile:20190604153829j:image

でも、
f:id:cucinabitabile:20190604153823j:image

このオレンジがいいんですと。

(上はカラーワークスのホームページから)

 

f:id:cucinabitabile:20190613172714j:image 

↑↑

実際がこれ

↓↓

f:id:cucinabitabile:20190604162927j:image

玄関開けたら正面とそのまま部屋に入る手前までの壁がオレンジです。

f:id:cucinabitabile:20190604163011j:image

どうやらよく行くイタリアの会社のトイレの壁がこのオレンジだったとか。

その会社のイタリア人の男の子が彼女とうちに遊びに来た時この壁の色がどこの色がわかるかと聞いたら笑ってました。

 

このペンキは少し特殊だったみたいでとにかく傷つけないように日々すごく気を遣っています。その割に家に来る人この色コメントなし。自分達もオレンジ全く目に入りません。

あんなに壁紙か塗装かで悩んだのになぁー。

まぁそんなもんです。

そしてまたこうやってわかりにくいところにお金かけてしまいました。