Cucina Abitabile 〜キッチンに住む〜

クチーナアビタビーレそれは居住可能なキッチンの意。

カオスなトイレ

カオスなトイレで相方落ち着かず。

でもすぐに慣れるタイプです。

 

トイレは狭い空間なので好き勝手にさせてもらいました。

壁紙探しで色んなショールームをまわっている時にシンコールで見つけた壁紙が頭から離れませんでした。

f:id:cucinabitabile:20190604103918j:image

こんな壁紙あるんだ。

気になる。

でも一体どこに?

相方は私の一時の気の迷いと思ったらしく特にこの壁紙気にもしてかなったようですがサンプルもらう事になる段で「本当に?」的な不安がよぎったようで。

 

本当です。

 

これ、トイレの狭い空間ならいいんじゃないかなって思いました。

設計士のFさんにお伝えすると「こんな壁紙あるんですね〜」相変わらず大人の対応。

トイレに貼りたい旨伝えると「小さな空間ですから遊べますよ。シャンデリアつけちゃいます?」なんて提案してくださいました。

この壁紙、ナタリーレテというフランスの画家のものです。かわいかったりおどろおどろしいかってりそれらが相まってツボりました。基本的にちょっと気持ち悪い感じのが好きで相方は怖いからやめてと言います。

ナタリーレテのアトリエこんな感じで可愛くてトイレもこの雰囲気にしようと思いました。

f:id:cucinabitabile:20190604104623j:image

(画像お借りしてます)

トイレにはもう一つ候補がありまして、

f:id:cucinabitabile:20190604110415j:image

これです。

ちょっとフレンチっぽくってイラスト感がすきです。色も迷わずこのグリーンみたいなブルーまたいな色が気に入りました。

f:id:cucinabitabile:20190604110458j:image

そしてイメージ的にこの壁紙にカラフルなプレートが飾られているのも素敵です。

ナタリーレテのアトリエの雰囲気とも似てます。

トイレのコンセプトこれに決定。

部屋は本当に決断が出来ず大変でしたがトイレはすぐに決まりました。

あとは2つの異なる壁紙をどのように貼るかです。ナタリーレテの壁紙気に入っていたのでドアを開けてすぐに目に入るように右壁全面に貼るつもりでしたが、ナタリーレテのアトリエやプレートディスプレイのようにするなら正面にナタリーレテの壁紙右左の両脇の壁にお花の壁紙がいい。

でも壁紙を振り分けて真ん中にナタリーレテ来たらもうどんな状態になるのやら。

いや、思っている雰囲気を出すなら絶対に正面にナタリーだ!

 

ザンッ!

f:id:cucinabitabile:20190604110648j:image

こうなりました。

良いんだか?悪いんだか?

完成はもっとすごくなりますからもう少し読み進んでください🤣

 

ネットで男性作家さんが手作りしているシャンデリアを見つけました。

f:id:cucinabitabile:20190613092315j:image

f:id:cucinabitabile:20190613092311j:image

このシャンデリアと上のフックを合わせ天井の右横奥に付けた小さなシャンデリア。

f:id:cucinabitabile:20190615223342j:image

 

さて、現在のナタリーレテの壁紙にはフクロウ、仔猫、リボン猫の3つの時計をかけたのと、うさぎのお面、額縁1つをさげました。

 

ザンッ!

こうなりました。

f:id:cucinabitabile:20190607172505j:image

時計はおもちゃみたいなものなのでカチカチと3つ分すごい音がなっているけど多分相方は時計が壁に付いていることに

気づいてません😂

 

ちなみに壁に穴が開けられないので、

〜物理的にも躯体ですのでコンクリートのためと心理的に新しいので壁を傷付けたくないという理由とで〜

3Mの貼って剥がれるシールとフックで引っ掛けてます。

 

極め付けはドアの色。

 

f:id:cucinabitabile:20190608093902j:image

 

ピンクです。

どうしてもピンクのドアがどこかに欲しかったのでトイレにしました!

もうここだけは別世界です。

うちのトイレ使った友人特にコメントなし。

もぉー良いんだから悪いんだか?!