Cucina Abitabile 〜キッチンに住む〜

クチーナアビタビーレそれは居住可能なキッチンの意。

勉強部屋:やって良かったこと

実は早朝イタリア語と英語の勉強をしています。。。

というか、イタリア語を3年ぐらい勉強しているのですが、ほんとに難しくて半年前にイタリア語実用検定3級に合格して、なんだか一段落ついたというか、ここから先のレベルアップが難しくちょっとへこんでいるところに、仕事で英語につまづいて今は英語のスキルアップに取り組み始めたところなんですが、それはまた別の機会に、今の勉強法でどの程度レベルが上がったか(上がればですが。。。。)なんかを書こうと思います。

 

で、どっちも声に出す練習もするんでこじんまりと、でも囲われた空間がほしかったのですが設計中それにさけるほどのスペースが残らず。

最初は大きめのパントリーを造るつもりでしたので一部このような感じで机を置くことはどうだろう、、、

f:id:cucinabitabile:20190604090905j:image

(イメージ画像お借りしてます)

が、金額的にも設計上も合わなくなり次に候補に挙がったのが今食器棚にしている場所

f:id:cucinabitabile:20190615222534j:image

を潰してなこうしようか?

f:id:cucinabitabile:20190604091032j:image

(イメージ画像お借りしてます)

これはこれで面白いですが、単なるテーブルと変わらない。。。

ので、最終的に、ここに↓

 

f:id:cucinabitabile:20190604091111j:image

実はここ、

f:id:cucinabitabile:20190604091806j:image

洗面所なんです。

そう、額縁の壁の横から洗濯機が見えますが、この空間お風呂場前の脱衣所、洗濯機のスペースを合わせているので以外に広く取ってます。

結果的に、ドアを隔てているので個室的になったのと、寝室から遠いので結構大きな声を出しても全く問題なし。

 

夏は暑く冬は寒くなりますが扇風機や電気ひざ掛けでどうにか凌いでいます。

 

たまに致し方なく自宅で仕事をしなくてはならない時はここにこもりますのでそれぞれが気を遣わずにそれぞれの作業ができます。

結果的にワンルームのような部屋になってしまったのでこの仕切りがある小部屋(洗面所)が勉強部屋になって良かったかな。