Cucina Abitabile 〜キッチンに住む〜

クチーナアビタビーレそれは居住可能なキッチンの意。

トリュフベーカリー2回目

2回目の訪問!

f:id:cucinabitabile:20190616164755j:image

今回はトリュフの塩パンは買わず、

まずはおかずパン食べました。

もちろん、前回の失敗を踏まえて値段を確認しながら(汗

f:id:cucinabitabile:20190617092541j:image

 

湯種バケット250円

f:id:cucinabitabile:20190616164810j:image

f:id:cucinabitabile:20190616211008j:image

気泡は詰まってます。

しっとりしてます。バケットと言うよりは普通のパンの味です。

少しイースト臭が強いかな?してもいいんですが、味とのバランスですよね。

 

バーブブレッド150円

f:id:cucinabitabile:20190616164846j:image

小さい食パン型でかわいい形です。

f:id:cucinabitabile:20190616211029j:image

乾燥ハーブが入っています。

f:id:cucinabitabile:20190616211044j:image

なんのハーブかと食べているとアニス?っぽい。

奇をてらったのかな?単体で食べるとアニスがダイレクトにきますので

f:id:cucinabitabile:20190708134926j:image

食事の際にソースにつけて食べてみました。これでもアニス?が結構くる。アニスが苦手なせいもありますが、ちょっと強すぎかなぁ、と。

 

ちぎりパン150円

卵乳製品を含まないパン

f:id:cucinabitabile:20190616211929j:image

今回買ったおかずパンで一番おいしかったのがこれ。

シンプルで粉の味もしっかりして美味しい。

これ湯種パンと似たような味がしますが、バケットも粉、塩、水、イーストなので材料同じですもんね。

f:id:cucinabitabile:20190616211935j:image

 

シナモンシュガーロール280円

f:id:cucinabitabile:20190616164903j:image

今回はシナモンロールは買いませんでしたが、こちらはシナモンカテゴリーでアップしようと思います。

 

カカオニブ

f:id:cucinabitabile:20190616164953j:image
f:id:cucinabitabile:20190616164950j:image

f:id:cucinabitabile:20190617093306j:image

??まさかの生焼け?な感じが。。。。

f:id:cucinabitabile:20190617093317j:image

中心部の生地がまとまって膨らんでません。

これはあえてこういう風にしてるのでしょうか?

f:id:cucinabitabile:20190617093413j:image

カカオニブ自体はカリカリの食感が美味しいと思うのですが、パンにはいって水分を含んでしまいしっとりしちゃってる。。。

中に入っているチョコ自体が苦味の強いものなので食感がなくなってしまうなら特になくても良かった気もしますがタイトルになってますからどうなのかなぁ。

 

クリームパン160円

f:id:cucinabitabile:20190616165001j:image  

f:id:cucinabitabile:20190617093436j:image

期待してカットしたらクリームがちょっとだけ。。。

f:id:cucinabitabile:20190617093601j:image

中が全部クリームだと思ってた。

以前千葉の房総方面、三芳村の道の駅で買った四角いシュークリームに似ていたのでそんな期待を持ってしまいました↓

f:id:cucinabitabile:20190617093828j:image
f:id:cucinabitabile:20190617093825j:image

すごく生地が黄色なんですが味が薄いでがクリームがすごくコクがあったり特徴があるわけでもありませんでした。

f:id:cucinabitabile:20190617122715j:image

比べて見たらもしかしたらクリームパンとカカオニブの生地は同じものですね。

またこの売りの卵サンドは買わず。
f:id:cucinabitabile:20190616164947j:image

 

2回目の訪問だったのですが、結果的には今回は全体的にちょっと残念だったかなぁ。手ごろな価格帯を買ったせいかもしれませんが、それにしても質と値段を考えるともっと感動する手ごろパンというのはあるわけで。

 

一番混乱してしまったのは、このお店の特徴は、、、ってところですね。トリュフだろ、ってすぐ突っ込まれそうですが、トリュフ系はほんの数種類でそれ以外は、普通に沢山の種類のパンがあります。高額系の本格パンもありながら、極端に違う手ごろな価格帯のパンもあったり。

高い店ならクロワッサン1個300円でも納得。でもリーズナブル系のパンで、いきなり300円のクロワッサンがきたらちょっと引く。

なので、高級系にふりながらお手ごろパンも販売して、でもお手ごろパンの質があまりよくないと高額系のパンにはいきづらい。

 

なので、この店の方向性はどこにあるのかな、って戸惑う部分を今回はちょっと感じてしまった。ただ、商売とこだわり、マーケティングと直球な味勝負、バランスはいつの時代も難しいものですね。

 

ところで、

 

帰り道にこんな所を見つけました。

f:id:cucinabitabile:20190616165007j:image

深川東京モダン館

f:id:cucinabitabile:20190616165017j:image

中がレトロモダンでおしゃれでした。

こんなタイルとか、

f:id:cucinabitabile:20190616165041j:image

こんな階段とか、

f:id:cucinabitabile:20190616165101j:image

f:id:cucinabitabile:20190616165116j:image

f:id:cucinabitabile:20190616165010j:image

建物も昔からスチールの窓枠とか丸い窓もそのままにしている建物です。中のモザイクタイルも当時のままのものなのでしょう。

昔の物は素敵ですね。