Cucina Abitabile 〜キッチンに住む〜

クチーナアビタビーレそれは居住可能なキッチンの意。

瓦そばとフライパン

相方が山口に出張に行くと必ず買ってくる瓦そば。私としてはとても手間がかかるのでお土産に買ってくるのを見ると、

「ええっーめんどくさい!」となりますが。

これです。

f:id:cucinabitabile:20191103103739j:image

国産レモン、小ねぎ、大根など揃えないといけません。お肉は牛肉、もみじおろしも鷹の爪を大根に詰めておろします。

ホットプレートがあれば麺を焼いて少しおこげをつけて食べるのが良いのですがホットプレートがないので取っ手が取れる鉄フライパンで麺を焼き付けている間に予め用意した具を乗せて作りました。

材料揃えて作るのは面倒ですが食べたら美味しいです。

茶そばの香ばしさやレモンともみじおろしを温かいつゆに入れると一気に味がしまります。多すぎるかなと思いながら食べているとあっという間に、

f:id:cucinabitabile:20191103104336j:image

はい、完食!

食べ終わるとフライパンだけなので片付けも簡単。

このフライパンは以前も記事にしましたが

机上工芸社 湯浅記央さんの作品です。