Cucina Abitabile 〜キッチンに住む〜

クチーナアビタビーレそれは居住可能なキッチンの意。

久しぶりの志津屋

志津屋で必ず買うカルピスバターフランス。

店内を見るとなんとカルピスバターフランスが

5個しかなくって(いうか5個もあったんですが)

焦って全部トレーに乗せました!

ぐるっと店内のパンを物色してカルピスバターフランスの定位置戻ると

?!

追加されてる!

なんだか衝動的にこちらも5個追加。

10個も買ってしまいました。

その為買ったパンはこちら。

f:id:cucinabitabile:20191027091851j:image

買いまくってしまいました😅

さて実食。

まずは北海道コーンパン160円

f:id:cucinabitabile:20191103105715j:image

f:id:cucinabitabile:20191027092440j:image

コーンが乗っているのでそこを食べるとコーンの甘みがしてバターかマーガリンのこくが口に広がりふんわりとした食感なのにもっちりとしま弾力があり美味しいです。

国産小麦のドリブル260円

f:id:cucinabitabile:20191027092454j:image

でっかいフランスパンの味は全粒粉の味がすごくします。粉の甘みがあります。 

国産小麦のバケット310円

f:id:cucinabitabile:20191029165502j:image

チェーン店のフランスパンにしては値段がはりますが味は結構本格的で美味しいです。

ドリブルに比べるとフランスパンは少し酸味を感じます。

f:id:cucinabitabile:20191029165517j:image

酸味があるハードブレッドをバターを付けると美味しいです。 

次はチーズのリュスティック195円

f:id:cucinabitabile:20191103105916j:image

f:id:cucinabitabile:20191027093407j:image

チーズはうーんまずいはずがありませーん。

プロセスチーズの味のチープが逆に美味しいんです。

国産カルピスバターフランス180円

f:id:cucinabitabile:20191027093436j:image

焼かないカルピスバターフランス

フワッと、バターがそのままパンに入っている感じだが、バターがパンを包み込む感じ。

バターがやはりしつこくないのでパンを邪魔せず全体の調和を取ってます。

分かりやすいコンセプトなのにバランスはとるのが難しい。パンは不思議な食べ物だ。

バターと合わせるとまた違う顔を見せる。

次は菓子パンです。

北海道メロンパン170円

f:id:cucinabitabile:20191103105937j:image

f:id:cucinabitabile:20191029165955j:image

相方はメロンパンが嫌いで私は本当のメロン味のメロンパンってあまり好きではないなでメロンパンを買ってきたのにビックリ!

私はビス生地のカサっとした乾燥したテクスチャー好き。なんか泥まんじゅうみたいな指の腹でずっと撫ぜていたくなります。

 

さて、味はどうかなぁ。

 

おっ?

爽やか。クリームがあっさりしていてメロンの味がパンとしっとり目のクッキー生地にも合っています。

ブリオッシュカネル200円

f:id:cucinabitabile:20191103110101j:image

f:id:cucinabitabile:20191103103113j:image

ふわふわ生地はパネトーネの様な感じです。

ブリオッシュとありますので卵とバターがふんだんに使われているのでしょう。

シナモン好きにはシナモンは控えめですがバタートッピングされることでシナモンシュガーがサクッとなってシナモンロールとは異なるシナモンパンシンプルですが美味しかったです。

 

今回は変わり種やいつも食べない菓子パンがあって楽しい志津屋でした。

前回も思いましたがハード系パンのクオリティが高いのを改めて確認しました。