Cucina Abitabile 〜キッチンに住む〜

クチーナアビタビーレそれは居住可能なキッチンの意。

グルテンフリー 濃厚ガトーショコラ

f:id:cucinabitabile:20200107181059j:image

【材料】15cmの直径

・板チョコレート200g

・卵3個:黄身3個分、白身2個分

下準備はケーキに敷き紙をする。

卵は直前まで冷蔵庫で冷やしておく。

180度にオーブンを余熱する。

【作り方】

●クラスト部分

100gのチョコレートを湯煎し、黄身を1/3入れて混ぜ合わせる。黄身が冷たいので湯煎したチョコレートが少し固まります。しばらく置いてから扱いやすい硬さになったら型の底に敷き詰める。

●ケーキ部分

①100gのチョコレートを湯煎し黄身半量を入れて泡立て器でかき混ぜる。

白身は角が立つまで泡だてメレンゲを作る。

メレンゲを3回に分けて①に入れる。

2回目の時に残りの黄身を入れて混ぜる。

メレンゲを混ぜる時は泡が消えないように

ゴムベラで下からさっくりと混ぜる。

④混ざったら型に流し入れ180度で20分〜25分※オーブンによって異なりますので様子見て下さい。

⑤焼き上がったら台から15cmから20cmくらいの高さから型を落としショックを与えて生地の縮みを防ぎます。型から出し粗熱が取れたらそのまま召し上がれます。ラップなどに包み冷蔵庫で保存して冷たく食べるとどっしりとした濃厚な味わいになります。

f:id:cucinabitabile:20200107181021j:image

相方生クリーム好きなのでこれでもかとてんこ盛りにしました。

f:id:cucinabitabile:20200108081850j:image

クラスト部分は焼きチョコレートの様にザクザク。

f:id:cucinabitabile:20200109205905j:image

生地と食感が違うので楽しいです。今回はビターチョコレートで作りましたがミルクチョコレートやヴァローナの様な製菓用チョコレートで作ると全く印象が変わります。

考えたらこれってグルテンフリーですよね。

クラスト部分にピーナッツバターやオレオクッキーなど加えてアレンジしても面白いかも。オレオはグルテンフリーではなくなりますが。