Cucina Abitabile 〜キッチンに住む〜

クチーナアビタビーレそれは居住可能なキッチンの意。

宗玄 純粋無垢 特別純米

久しぶりに日本酒飲みました。

 

このお酒を買った酒屋の店主の話では石川の蔵元で、天皇陛下も訪れるほど有名だそう。最近は無ろ過原酒がはやっているようで、冷蔵庫に冷えていた原酒をいただこうと思ったのですが店主いわくちょっと濃いのでまずは原酒ではない方から試したらどうだ、との意見を頂き選んだのはこれ。

 

宗玄 純粋無垢 

特別純米で精米も55%になり吟醸レベル。

箱にも入っていて期待がもてます。

 

f:id:cucinabitabile:20200503182257j:image
f:id:cucinabitabile:20200503182303j:image
f:id:cucinabitabile:20200503182254j:image

日本酒については、ほとんど知識がなくいつも感覚でしか飲んでいませんが、個人的に吟醸より純米感がある清酒が好みでこのお酒はラベルから雰囲気がバシバシ伝わってきます。

早速実飲!で冷やで飲んだのですが香りはあまり強くなく爽やか。

飲み口はかなりライトで、純米でどしんとした力強さがなく上品だが、なんとなくもやっとする後味があり、お酒の特徴がどっちにふれているのかがわからなくなってしまった。

 

店主いわく、冷でも常温でも。ということでしたが精米度も高く折角なので冷でいただきましたが常温のほうがこのお酒の特徴がでそうです。

 

ただ、改めてこのお酒のサブタイトル「純粋無垢」なので、透明感を狙っているのかもしれません。そういう意味ではべったりした絡みつきもなく、春もしくは晩冬の雪解けの小川の水のようなキリっとしたイメージがありあくまで特別編なのかもしれません。

ということで、この一本はあまり好みの味ではないですが、今度は無ろ過生原酒を試したいと思います。