Cucina Abitabile 〜キッチンに住む〜

クチーナアビタビーレそれは居住可能なキッチンの意。

リノベーション箇所 フローリング色再現

元々塗っている色の上から他の色を重ねてワトコ(WATCO塗料ブランド名)のドリフトウッドにするのですが経年変色と元の色がなんだったかが不明な為、多分ドリフウッドの上づみを塗装したと思われるので、その下の澱と言うか落ちたいわゆるドリフウッドの肝の色グレーだけを取り出すことにしました。そこにクリアーを入れて上塗りしたのが前回の記事でした。

やはり無垢の木になったドリフウッドとはきっと違いますが本当がどんな色なのかもう分かりません。とにかく黄色く赤くなった茶から解放されたい。

かなり白いグレー塗料にドリフトウッドを1:1で混ぜて塗ってもらいました。南のベランダ側のフローリングが日焼けもあり1番黄色い(相方に言わせると赤い)場所はこんな事になりました。サッシとフローリングの取り合い所。

f:id:cucinabitabile:20200727142414j:image

上はドリフトウッドとそのグレーの1:1の塗料を塗った画像です。決して経年によりフローリングが傷んでダメになったわけでも、掃除が行き届いてないで埃だらけのなっているのでもありません。でもまるでそんな感じ。それでも私達にとっては以前の色よりずっと良く感じます。これ以上は無理です。しかもこの無垢のフローリング板廃盤だそうです。