Cucina Abitabile 〜キッチンに住む〜

クチーナアビタビーレそれは居住可能なキッチンの意。

渋皮栗

栗の季節。まずはリクエストにより栗ごはんを作りましたが、残りは渋川栗煮を作ります。面倒なのは栗の皮むき。でも一晩水に浸けた後、冷凍すると意外に簡単に剥けます。

f:id:cucinabitabile:20210922092916j:plain

包丁のお尻部分で切れ目を入れ、

f:id:cucinabitabile:20210922092929j:image

私はここで竹串を入れて
f:id:cucinabitabile:20210922092919j:image

向こう側に突き刺し、
f:id:cucinabitabile:20210922092926j:image

持ち上げます。
f:id:cucinabitabile:20210922092921j:image

簡単に剥けます。傷が付いてしまった栗は煮た時に崩れ易いのですがそっと煮れば大丈夫です。
f:id:cucinabitabile:20210922092924j:image

今回、栗が約240g弱。本来砂糖は栗の60%そうするとなんと140gも入れることになります!恐ろしくて食べられない。私は75gまで減らしました。それでも結構甘いです。砂糖が少ない分保存が効かないかもです。

f:id:cucinabitabile:20210924101115j:image

渋皮栗は重曹を入れて煮立てお湯を捨てた時に渋皮の筋など竹串などで取り除きます。あとは栗が被るくらいのお湯を入れてアクが出なくなるまで(透明なワインレッド位)何度か捨てては茹でるを繰り返しました。少し渋皮の筋が残ってしまったのでシロップが透明になりませんでしたが家用なので良しとしました。大変だけど年に1回だけは作ります。手間はかかりますが買うよりずっと安いし甘さの調節も出来るしなにより安心して食べられます。