Cucina Abitabile 〜キッチンに住む〜

クチーナアビタビーレそれは居住可能なキッチンの意。

キッチンの引き出し:やって良かったこと

このブログの題名の様に、我が家はキッチンに住んでいるくらいキッチンの面積が広く、家のメイン はキッチンです。

ここにお金かけてました。

取り付けたガスコンロ、ラジエントヒーター、食洗機、水栓、換気扇、ステンレスの天板とシンク、ブリックの壁、これらはこだわってそれぞれの分野で高価な物になってしまいました。

キッチンは約4mなので出来合いのシステムキッチンがありませんでした。こちらはオーダーキッチンなのですが、私はどうしてもキッチンのシンク下ガス台の下などの場所の収納は引き出しにしたかったのです。扉は奥の物が取り出しにくいのです。

棚にすると創作キッチンでリノベーション感があって素敵なのですが、うちの様なオープンキッチンで長いと余程片付けていないとごちゃごちゃに見えてしまいます。カーテンや布はセンスが良くないとまずい事になります。

引き出しだけ購入できるメーカーで探しましたが見積もりが出た時にやはり引き出しを導入すると金額が上がるのでオープンな棚を作るのが一番安いとなりました。多分つけても棚に一部だけ扉です。私は押すと最後はスッーっと閉まるあの引き出しが良かったのです。相方も棚はすっきりとしたデザインにならないので引き出しがいいと言う話をしていました。金額を下げるために一番安いシステムキッチンのシリーズで引き出しだけ購入可能のショールーム回りました。TOTOの低価格帯の物にするつもりでしたが引き出し中がプラスチックというのも気になりました。

f:id:cucinabitabile:20190530180620j:image

TOTOから1番近かったクリナップへはしごしました。一番下のグレードでグレーの木目調がいいのではないかと妥協点をみつけて打ち合わせの時に伝えていました。

f:id:cucinabitabile:20190530163454j:image

でも話を進めて行くうちにカゲナウの食洗機を入れるにあたって選んだ引き出しは上と下の引き出しに段差がある事に気がつきました。

これです。
f:id:cucinabitabile:20190530163525j:image

国産の食洗機には問題ないデザインですが海外のものは下まで扉の前ですので引き出しと食洗機の扉で一旦段差がなくなりまた隣の引き出しから段差が出てしまいます。

横から見ると食洗機部分だけまっすぐ段差がなくなるが出来ないことはないですよとお話しは貰いましたがどう考えても変なので探し直しです。

日を改めてパナソニックへ行ってみました。パナソニックは一番値引率も低く候補としては揚がってなかったのですが、

f:id:cucinabitabile:20190828140543p:image

引き出しの底面はステンレスを使用、内引き出しはアルミで少し高級感があり上下の引き出し部分もフラットで海外の食洗機も問題なさそうです。
f:id:cucinabitabile:20190530170027j:image

ショールームでもこの手のダークカラーの引き出しが展示されていて私達が選べる低価格のグレードもパネルはダークが多くこの3つから選びました。もちろんこのパネル部分も工務店で板を選んで色を塗ったりほかの素材にする事も可能ですが全て受注品になってしまうためそのままメーカーから購入して使う方が割安でした。

f:id:cucinabitabile:20190530170320j:image

キッチンは基本白と思っていましたのでまさか黒を持ってくるとは自分の中でも想像してませんでしたが。

f:id:cucinabitabile:20190531121148j:image

取っ手も悩みました。取手だけのために3回もショールーム見に行きました。

選択肢が多いと逆に悩みますね。簡単に変えられるものでもありませんし。

相方はシュッっとした角の上から3番目の最初はそれにしましたが最終的に私が気になった下から2番目の少しアンティークな感じの物にしました。丸みがあるので握りやすいかったのが一番だったかもしれません。

 

そして本当はお酒やみりんなどの背の高い瓶や調味料が入れられるこのサイズの引き出し欲しかったのですが、

f:id:cucinabitabile:20190530170928j:image

これだけで10万近くしましたのでやめました😢

f:id:cucinabitabile:20190603152023j:image

こんなサイズの引き出しが入りました。

シンクの下の一番大きい引き出しは内引き出しがついているため2段になっています。

f:id:cucinabitabile:20190828140404p:image

こちらには調味料、紅茶などの茶葉、メインの引き出しにはタッパー類、まな板、包丁入れ、背の高い調味料、

f:id:cucinabitabile:20190603152406j:image

その下の薄い引き出しには普段使わないお菓子パンの型など、

f:id:cucinabitabile:20190603152214j:image

ガスコンロ下の引き出しは日々使う食器とカトラリー、おたまなどのキッチンツール、

f:id:cucinabitabile:20190603152246j:image

その下は毎日使う食器、

f:id:cucinabitabile:20190603152559j:image

一番下は毎日使うお茶碗、汁椀などの和食器

f:id:cucinabitabile:20190603152649j:image 

冷蔵庫側の一番上はラップやペーパータオル、ジップー付き保存袋など、

f:id:cucinabitabile:20190603152741j:image

真ん中の90cmの引き出しにはボウル、小さい家電、水筒や魔法瓶など

f:id:cucinabitabile:20190603152832j:image

一番下は普段は使わない家電、砥石、家電やキッチンの付属品などほとんどのものを引き出しに入れ、

f:id:cucinabitabile:20190603152952j:image

キッチンの天板にものをあまり置かない様にしています。

引っ張れば奥まで物が出し入れ出来ますから本当に便利です。そして最近では当たり前ですが押すと閉まる直前でスゥーっとゆっくり静かに閉じてくれるのが毎回嬉しいです。

f:id:cucinabitabile:20190828162211j:image

なによりもすっきりしています。

 

 

工務店からの引越し祝い

新築祝いにリビングのテレビを壁付けにするなら備え付けの棚をプレゼントしますよと言われました。

相方はそうするとテレビを変える時や位置の変更ができないからと丁重にお断り。

私的には壁付けになるし「ええっ断っちゃうのぉー」でしたが、躯体のコンクリの壁付けになるので線はむき出しになり、コンセントや電気のスイッチのような管が壁からでます。

テレビの下からこんな感じでシルバーの棒が3、4本出ます。

f:id:cucinabitabile:20190917174159j:image

インダストリアルスタイル的にはありなのですがそれがカッコ悪いと相方は嫌だったようです。

 

私が玄関にフックを付けたがっていのでテレビ台の代わりにこちらを新築祝いに付けてもらいました。

f:id:cucinabitabile:20190615213438j:image

全て異なる手作りの鉄のフック。

近づかないと違いが分かりませんがそれぞれ違います。

f:id:cucinabitabile:20190804200521j:image

f:id:cucinabitabile:20190804200525j:image

f:id:cucinabitabile:20190804200537j:image

これらの中から選びました。

f:id:cucinabitabile:20190615213600j:image
f:id:cucinabitabile:20190615213556j:image

f:id:cucinabitabile:20190705163727j:image

掛けまくり。

オシャレでもなんでもなくなってしまいましが玄関にフックがあるととても便利です。

富弘美術館からのはやぶさ食堂

星野富弘さん、大学卒業後体育の先生として勤務して2ヶ月半顧問だった体操のデモンストレーションで着地に失敗、脊髄損傷で首から下が麻痺、絶望の淵事故当初から母親の献身的な介護とご本人の努力により口でペンを持ち文字を書き素晴らしい水彩画を描く画家となった方で私も十代の頃彼の自伝を読んで衝撃を受けました。

群馬に富弘美術館というのがあると知り、


f:id:cucinabitabile:20190901223122j:image
f:id:cucinabitabile:20190901223135j:image
f:id:cucinabitabile:20190901223114j:image

植物、時に花を描いていらしゃるのが有名ですがこの度動物の絵の展示を9月2日まで開催ということで行ってきました。

f:id:cucinabitabile:20190901223104j:image

画集では見た事がありましたが本物をじかに見て本当に感動しました。

登山にも魅入られ体育の先生になるくらいとにかく体を動かしていた人が24歳で四肢が一切動かなくなるという状態になってしまった時の気持ちを考えると絵にしたためられた詩の重さがダイレクトに心に響きます。一つ一つの絵を見て詩を読んで涙が出ていました。

私が持つ日々の悩みなど本当に取るに足らないものなのだと思いました。

とても有意義な時間が過ごせました。入場料は500円で営利ではないのだなぁと感じます。

f:id:cucinabitabile:20190901223130j:image
f:id:cucinabitabile:20190901225223j:image

人里離れた場所にありますが美術館の裏にはこんな自然の風景がありとてもステキな所ですので興味のある方は是非訪れてみてはどうでしょうか?

 

群馬の富弘美術館へ行った帰りお昼ご飯に食べログでも評価が高かったはやぶさ食堂へ寄りました。

f:id:cucinabitabile:20190901131126j:image

駐車場の野原と道路の差が激しく相方愛車底を擦ってしまいブルーでしたがここははやぶさ食堂に思いを馳せましょう。

ちょうど昼時に入ったので一階の席はいっぱいでした。

f:id:cucinabitabile:20190902172150j:image

ちょっとお時間頂きますけどと二階に案内されました。

f:id:cucinabitabile:20190901173452j:image

外の坂を登って二階へ。

f:id:cucinabitabile:20190901173503j:image

私たち以外に2組。

f:id:cucinabitabile:20190901173555j:image

葬儀会場にあるお悔やみの食事を摂る様なテーブルです。

店内にはテレビ出演の写真がいくつも飾られていました。

f:id:cucinabitabile:20190901173630j:image

f:id:cucinabitabile:20190901173637j:image

私は天ぷらうどん750円、相方はソースカツ丼と半ラーメンのセット1010円。

ちょっと待つと言われてなんと待つ事1時間15分!隣のお客さんテーブルにうつ伏せになって寝てました。

f:id:cucinabitabile:20190901173808j:image  

うどんは茶色っぽいので地粉を使っているのだと思います。

これは期待できます。楽しみです。

食べてみると冷水で締めた感がなく表面がふやけていました。コシもそんなにありませんでした。メニューの写真では舞茸の天ぷらが付いてましたが今回はありませんでした。天ぷらは冷めてもサクサクで美味しかったです。

f:id:cucinabitabile:20190901173817j:image

ソースかつ丼は1番人気です。上州はかつ丼と言えばソースかつ丼ですので一度食べてみたかったので楽しみです。

かつの豚肉は薄めでももの部分と思われ脂が付いていないのでしつこくなくもたれず柔らかくそしてサクッと食べられます。ソースはウスターですがかなり甘い味つけで下に敷いてあるキャベツの千切りで味が調和されます。ただ相方にとっては少し甘すぎた様で半ラーメンの塩味が助かったと言ってました。

このラーメン、見た目普通の鶏ガラ系の中華そばの様ですが味が不思議。魚介系のだしですが煮干しやあごだしでもなく貝?カツオ?何が凄く強すぎるそんなベースです。半ラーメンくらいでないと味に特徴があり過ぎ、麺も粉っぽいさを感じてノーマルサイズだと全部は食べられないかもしれないです。

値段の割にボリュームはありますが1時間15分待った感動の味かと言うと…普通でした。

オーダーして20分程待って食べられたなら値段も安いですしよかったねとなったかもしれません。

勝手な憶測ですがメディアの露出で以前より集客が増え改築もしキャパシティオーバーになっているのではないかと感じました。とにかくお店の人が必死の形相で気の毒なくらいでした。先客の方ももう店主がいっぱいいっぱいだからと私達に教えてくれました。

ロケーション的にこちらに伺う機会がないのでもうないと思いますがお土産に

f:id:cucinabitabile:20190901221916j:image

ナスとミョウガを頂きました。お心遣いに感謝です。1時間15分の待ち時間はこれで相殺という事で(´∀`*)

 

G1コーヒーグラインダー UNIQxOceanrich

グルテンフリー生活を始めてからはコーヒーも飲むのをやめました。体調を崩す前は毎朝2、3杯飲み、職場ではBOSSのペットボトル500mlのブラックコーヒーと甘い物を食べてきました。リノベーションのストレスがかなりあったようで倒れました。

食事療法で大量のカフェインが良くないとの事でコーヒーの代わりにチコリコーヒーやインカコーヒーなどを飲んできましたが最近はディカフェの豆でレギュラーコーヒーを飲むようになりました。

ディカフェのコーヒーはレギュラーコーヒーに比べると種類も少なく美味しいものも少ないです。それでもインスタントよりはコーヒー豆のディカフェコーヒーの方がコーヒーを飲んでいる満足度が高いです。せめて豆から挽いてディカフェコーヒーを淹れらようにしています。ミルは手動のポーレックスしか持っていなかったので朝忙しい時に挽いている時間がなくて無印良品のコーヒーメーカーでミルの部分だけを使って豆を挽いていました。

無印良品の豆から挽けるコーヒーメーカーですが、どうしても美味しく淹れることが出来ませんでした。

さらに、

グラインダーがうるさい。

豆がなくなっても一定時間挽き続ける。

 

無印のコーヒーメーカーは豆の量が普通より多いため通常の豆の量にすると深みのない味のコーヒーになってしまう。150ccのお湯に15gもの豆を使うのです!

通常150ccで豆は10g、300ccだと単純に倍ではなく18gで程よくなります。無印で淹れているとすぐに豆がなくなってしまいます。コーヒー豆専門店でコーヒー豆を買うと大体100g650円〜です。ブルーボトルコーヒーでコーヒー豆を買ったら100g800円〜です。朝2杯飲んだら3日で無くなってましいます。

同じ豆をハンドドリップすると濃くて美味しくなるので無印のコーヒーメーカーは使わなくなりました。

 

やっと本題ですが、そこからコーヒーグラインダー探しを始めたのですがまだ本格的なものになると問題が。価格もさる事ながら大きいものになってしまいます。来年にはJURA(ユーラ)のコーヒーメーカーを購入しようと狙ってますのでその場所を確保しておかないとなりません。そんな時makuakeクラウドファンデングで見つけたのが充電式でコンパクトなグラインダーでした。一般販売ではなくクラウドファウンディングで支援のリターンで希望小売価格の20%オフの4840円で購入。

 

ざんっ!

f:id:cucinabitabile:20191003142049j:image

画像は挽いている状態です。ガラスのコンテイナーの底に振動音を軽減させるシールが付いていましたが洗う場合邪魔になるので下に何が敷いて挽くと音の軽減になります。

豆が挽き終わったら自動で止まり粉受けのガラス容器は外して持ち歩きも出来ます。

スクリューになっているのでコーヒー粉の受け容器を外せ、

f:id:cucinabitabile:20191003211119j:image

見るの上に蓋が付いていて、
f:id:cucinabitabile:20191003211125j:image

それを付ければ粉の持ち出し可能。
f:id:cucinabitabile:20191003211128j:image

職場やアウトドアでも持って行って美味しいコーヒーを飲むことが出来ます。

予備の瓶も買いました、1450円。このガラスの瓶はとても軽いのでもし持ち歩いてもそれほど苦にはなりません。

グラインダーの大きさも500mlのペットボトルより少し小さめ。ミルは臼式ミルでセラミックなので洗うことが出来ますが分解出来ないので定期的な掃除はブラシで豆を払うだけです。でも分解して組立るタイプは中心がブレて豆を挽くのに影響が出るため私のような素人は固定されていつまでも一定のコーヒー豆が挽ける方が良いとも言えます。

ポーレックスは粉の荒さを決める時はダイヤルを回して調整するのですが実際に挽いてみないとどのくらいなのかよくわかりません。

f:id:cucinabitabile:20191003211453j:image

これが結構ストレスなのですが、このG1は外にメモリが5段階付いていて手で回して合わせるだけで調整できます。 

f:id:cucinabitabile:20191003161036j:image

真ん中のメモリでペーパードリップの粗さになります。

 

一度に2杯分20g挽く事が出来き、ガラスのコンテーナーのは4杯分保存する事が出来ます。

【音】

音に関しては、モーター音が少しするくらいで無印良品のコーヒーメーカーのミルに比べたらびっくりするくらい静かです。 殆ど気になりません。

粉も普通に均一に挽けます。5,000円以下でこのクオリティならかなり良いと思います。

 

【気になる点】

使いにくい点は女性の手だと少し径が大きいので握るのに手が回らない為、持ちにくく豆を入れる時の開閉、挽き目盛の調整が握力がいると言うかうまく握れずやりにくいです。

 

電動コーヒーグラインダーが欲しいけど場所は取りたくないしプロペラ式よりは本格的な物を何か探しているならこの大げさじゃないオーシャンリッチ G1はお勧めです。何よりコードレスでオートストップはとても便利です。

 

本日、10月10日から販売するそうです。

 

〜ランジュ〜Satomi 道の駅富楽里

 たまぁーに行く道の駅富楽里です。

高速は途中にあるので寄りやすい道の駅です。

ここで必ず買うのがここのパン

f:id:cucinabitabile:20190930100211j:image

とても丁寧に作っている感じがするパンです。

材料をみるとさらにそれを感じます。

f:id:cucinabitabile:20190930100245j:image

f:id:cucinabitabile:20190930100256j:image

f:id:cucinabitabile:20190930100310j:image

まずはオリーブトマトバケット

f:id:cucinabitabile:20190930100527j:image

f:id:cucinabitabile:20190930100639j:image

トマトの酸味と材料の後ろの方に書いてありますが胡椒が効いてます。

豆乳パンは、

f:id:cucinabitabile:20190930101014j:image

カットすると黒いものが出てきて最終何かが混入してる!とびっくりしましたが材料見てみると黒豆でした。豆乳と言うか豆腐の味がします。ちょっと苦味があるようなそんな味。生地はしっとりふんわりととても優しい味です。

ミルクチョコパン

f:id:cucinabitabile:20190930101456j:image

豆乳パンと同じ生地ですが豆乳の代わりに牛乳です、生地にもっと甘みを感じます。

いずれのパンも生地がしっとりしていて食べ進めると甘みがあって美味しいです。

とにかく優しい味です。

 

 

 

パティスリー ウルス

以前は門前仲町の方にあったお店が森下に移転してそうです。

f:id:cucinabitabile:20190919161429j:image

ある日突然民家の中に(とは言っても下町なんで山手の住宅街の雰囲気とは違いますが)ケーキ屋さんが出来ました。こんなところに大丈夫?って感じのところですが、以前からのご贔屓さんが訪れているのではないでしょうか?

ウルスとはフランス語で熊という意味だそうで看板のトレードマークも熊でした。

ご夫婦が両方パティシエとパティシェールで営んでいらっしゃるそうです。

 

開店してから事あるごとに外からケーキと価格チェックを繰り返す事数回。今日は気になっていたケーキ、とっても小さいのに多分4、5cmの立方体のショートケーキ560円を買ってまおうと、ガラッと引き戸を開けました。

んがっ!

がーん

f:id:cucinabitabile:20190919161443j:image

いつもズラーっと並んでいたイチゴショートケーキがにゃいっ(ないっ)赤いいちご乗ってるのがいつもショーウィンドウの真ん中に赤いのたくさんあったじゃない?!

気を取り直して聞いてみると季節に合わせたケーキを作るためにこの時期はいちごは使ってないそうです。たしかに全体的に茶色くハローウィンな感じでした。

一旦諦め退散。

〜10月6日にアップしたロワゾブリューへ行ってました〜

歩き回ってやっぱり戻った。

事前にネットで確認したところによるとショートケーキはあまおうをまるごと使っていてスポンジがすごく美味しいとか。未練がましく何度言ってもこれは次回。

次に門仲時代は開店してすぐに完売したというウルスのプリン420円と

f:id:cucinabitabile:20190919161912j:image

ロンロンショコラ450円を

f:id:cucinabitabile:20190919161926j:image

購入しました。

季節のフルーツをという事です生ケーキはあまりなくて上の段は焼きタルトがメインでした。

そちらはあまり減ってなかったですね。

売れて補充したのかもしれませんが、食べたらきっとおいしいのでしょうが生ケーキより華がないので値段も同じもしくは高いとなるとケーキの方に手が出てしまいます。

ロンロンショコラは顔が映りそうなくらいツヤツヤのチョコレートが掛かってます。

f:id:cucinabitabile:20190922114700j:image

金粉も少々。真っ黒なチョコに濃い紫色のブルーベリーが素敵です。これって以前は生のラズベリーが乗ってた画像見ましたが季節のフルーツなのか?それとも価格の問題なのか?

f:id:cucinabitabile:20190922114718j:image

カットすると分かりにくいですが薄いスポンジケーキがムースの間に入っています。見た目すごく濃厚そうですが食べるとスッと消えてゆく様な口に甘さが残らないのでたくさん食べられら感じです。

f:id:cucinabitabile:20190922114959j:image

ウルスのプリンは上に生クリームが乗っていてその上に粉糖がかかっています。底にはカラメルソースが見えます。

f:id:cucinabitabile:20190922115038j:image

予想を反してプリンは結構しっかりした卵のプリンです。パステルのなめらかプリンのような生クリームみたいなプリンを想像してました。固いわけではありません。なめらかですが焼きプリンに似たプリン食べてる感があります。トッピングの生クリームは全然主張しませんがプリンと食べる味も口触りもなめらかになり美味しいです。カラメルソースも程よい苦味と甘味がプリンの味を引き立てます。プリン崩してカラメルソースと一緒に飲みたい感覚に陥ります。久しぶりに食べたプリン美味しかったです。

次は絶対にいちごのショートケーキにチャレンジです←まだ言ってる。

 

ジュリエッタの生産中止も近い??

ジュリエッタ、なんか新しい話が出ないなぁ、って思っていたら生産中止の噂があるらしいです。まぁ、今の装備で競合激しいCセグメントのマーケットで生き残ってはいけないと思うので、当然といえば当然。どんどん他のライバル達がアップデートしている中でやったことと言えば、2017年に行ったなんちゃってのフェイスリフト。
本国で2010年にリリースされてから約10年。2020年に生産中止ならモデルライフは10年なのでまぁ、そんなものかとは思うが扱いとしては寂しい感じです。

でもいいんです。古くても、自動ブレーキついてなくても、ACCついてなくて、乗ってて楽しいので。デザインだってまだまだ現役です。

でも新型を待っている人にはやきもきする内容ですかね。
引用元は下記です。
www.clubalfa.it
いつもどおり適当に訳してますので、おかしな部分は原文をあたってください。


アルファロメオジュリエッタ : 2020年に生産中止か?

噂によるとアルファロメオジュリエッタの生産が最後を迎えつつあるようだ
di Ippolito Visconti30/09/2019, 09:46

f:id:cucinabitabile:20191005210956p:plain

よく知られた情報によれば、アルファロメオジュリエッタの生産は2020年前半に終了を予定しており、目的は明確で、アルファフォメオ唯一のCセグメント代表として新しいアルファロメオ・トナーレの発売に集中する為である。我々はこの噂がどの程度本当のことなのか勿論わからない。

噂によると、アルファロメオジュリエッタの生産は2020年に中止される可能性

実際にはジュリエッタは昨年のジュネーブモーターショーで発表された新しいアップデートを受けた。さらに、Cセグメント市場でアルファロメオはトナーレだけに賭けるという考えはリスキーと考える人達もいる。しかし、現時点ではこの車両の新世代はなく、販売は着実に減少し続けている。

このイタリアのブランドは、コストを削減するため2020年に現在のアルファロメオジュリエッタの生産を終了し、続いて状況が正しいと判断出来る場合、新世代のモデルの開発に集中するのかもしれない。それは今日必要とされているものだろう。いずれにしても、これらの噂が真実をベースにしているかどうか、今後数週間内に判明するだろう。