Cucina Abitabile 〜キッチンに住む〜

クチーナアビタビーレそれは居住可能なキッチンの意。

栗助のお菓子

栗助と言うおみやげやさんで買ったお菓子。これが1番人気だそうで、お店の名前のお菓子。

f:id:cucinabitabile:20210816105054j:image

栗助。145円。

f:id:cucinabitabile:20210812075541j:image

いわゆる銘菓ひよこみたいなのです。
f:id:cucinabitabile:20210812075525j:image

白餡に栗がはいってました。
f:id:cucinabitabile:20210812075538j:image

とても甘い。
f:id:cucinabitabile:20210812075545j:image

こちらは相方希望。どら焼き好きです。170円。
f:id:cucinabitabile:20210812075531j:image

虎の模様に焼かれた生地が高級そうです。
f:id:cucinabitabile:20210812075528j:image

こちらはほぼ気にならない原材料です。
f:id:cucinabitabile:20210812075548j:image

ただ、やっぱりかなり甘いです。
f:id:cucinabitabile:20210812075535j:image

 

f:id:cucinabitabile:20210816110307j:image

メイプルのクッキーと言うことで買って家で見たらスノーボールでした。バターとメープルシュガー、メープルシロップ、卵などでシンプルな材料のクッキー。

f:id:cucinabitabile:20210816110813j:plain

甘さも控えめでほろほろの食感の美味しいスノーボールでした。4個入り185円。栗助最後は、秩父は味噌が有名みたいなのでとなりのすまんじゅうが気になりましたがみそまんじゅうを選びました。100円。

f:id:cucinabitabile:20210816105220j:image

おぉ〜味濃いい。皮からは味噌の甘じょっぱさを感じますが餡がとにかく甘かたったです。餡で思うのは、粒あんのほうが甘さが控えめに感じてさらに粒があることでお得というか(繊維的にも)食感があり食べている感じがします。特におまんじゅうに入っているこしあんはとにかく甘みを強く感じます。知り合いはつぶあんの皮が口に残って好きでないといいます。分からないでもないです。こしあんは手間がかかりますし上品な味わいにもなります。生菓子、練り切りは好きですのでこしあんを敵には回せませんがとかく薄皮に包まれているこしあんは甘いのです。
f:id:cucinabitabile:20210816105216j:image

それでもこちらは餡にかなり甘味料が使われているもよう。
f:id:cucinabitabile:20210816105213j:image

その後道の駅に行ったのですがやはりすまんじゅうが気になって買ってしまいました。2個200円

f:id:cucinabitabile:20210816105235j:image

道の駅のものなので本当にシンプルな材料で作られています。
f:id:cucinabitabile:20210816105232j:image

酢まんじゅうというそうですが、米麹を36度程で発酵させ酢を作り小麦粉を入れてパンのようにして作るようです。生地は酒種の様な味わいでつぶあんが包まれていてみそまんじゅうの後に食べたらほとんど甘みを感じないくらいでした。
f:id:cucinabitabile:20210816105239j:image

でもこちらだけを味わうと皮、餡、それぞれの味がきちんとしてとてもおいしかったです。こう言う素朴な素材の味を味わえるお菓子大好きです。