Cucina Abitabile 〜キッチンに住む〜

クチーナアビタビーレそれは居住可能なキッチンの意。

ロジャーグラート カバ ロゼ ブリュット (Roger Goulart CAVA ROSE Brut)

今回飲んだワイン

もはや年末の恒例番組となった芸能人格付けチェックでおそらく初期の頃でしょうが、あのドンペリに勝ったという触れ込みで一時期盛大に販売されていたワインです。今でもその宣伝文句は続いているようですが、どうにもその言い方が好きになれず飲んだことありませんでした。またCAVAにしては高めですしね。ただ、やはりどんなもんなのか一度は飲んでみないとわからないだろうと言う事で今回購入。

品名:ロジャーグラート カバ ロゼ ブリュット(Roger Goulart CAVA ROSE Brut)
造手:ロジャーグラート
格付:D.O
国:スペイン
地域:
品種:ガルナッチャ60%、モナストレル35%、ピノ・ノワール5%
ヴィンテージ:2019
価格:1,848円(税込)

f:id:cucinabitabile:20211017150257j:plain

コルク:スパークリング用コルク
f:id:cucinabitabile:20211017150443j:plain

色:ややガーネット色ががっている淡いルビー色
炭酸はやや強め。きめ細かさはあまりなく割と荒め。
f:id:cucinabitabile:20211017150350j:plain

香り:ラズベリー、桃、和梨、薔薇、香りはそこまで強くない

味わい:ロゼなんだが少しコクのある白的な強さがあってどっしりより、爽やかさを感じる。炭酸もそこそこ強く、余韻もそんなに強くないので食前酒的に丁度良い感じ。わずかな苦味が後味に残るのが重みを若干与える。
しっかりとしたボディもあり、炭酸は荒いながらもグラスを立ち登る。単なる安めのスパークリングではないとはすぐわかるが、流石にドンペリ・ロゼに勝るとは、なんとも。ただ、初期の頃のこのワインの格付けチェックは割と芸能人の方が間違えるケースが多く面白かったですが最近は皆さん出演前に飲み比べしているんですかね。正解率が上がっているようで、もう少し工夫が欲しいところです。
いずれにしてもドンペリと比べるスパークリングではないですが、十分美味しく価格相応なワインでした。

でも2000円のワインであれば次に購入の番が回ってくるのは相当後になりそうですが。。。

酸味 ★★★
★
ドライ度 ★★★★
渋み ★★

果実味 ★★★

ボリューム感 ★★★☆

(5点満点、★1点 ☆0.5点)

個人的な点数 60点