Cucina Abitabile 〜キッチンに住む〜

クチーナアビタビーレそれは居住可能なキッチンの意。

アルファロメオ・トナーレ 6x6 ?

こういう自由な発想がいいデザインを生むんですかね。欧州は日本とは違う部分で車を楽しんでいるような気がします。この6x6はレンダリング上だけですが、日本にはないタイプや形が世界には販売されていて、うらやましい限りです。

 

*毎回で申し訳ないですが、この翻訳は辞書片手に無理やり訳しておりますので、少しでも違和感がある場合は必ず原文にあたってください。

https://www.clubalfa.it/58699-alfa-romeo-tonale-pickup-6x6-render

 

f:id:cucinabitabile:20190402064638p:plain

clubalfa.it様より引用

アルファロメオは、より経済的に、且つより普通の車に似たSUVを探しているすべての消費者を振る向かせるCUVを市場にすぐに投入する見通しだ。今のところ、クロスオーバーのセグメントは毎回新しいモデルが増えてきており、ビショーネ(アルファロメオ)はステルヴィオを、ラインナップのはじめとして市場に用意した。

 

アルファロメオトナーレは、2019年のジュネーブショーで予想外のデビューを飾った。スパイ写真やレンダリングさえもプレゼンテーションの前にコンセプトが暴かれることはなかった。仮にトナーレがステルヴィオと同じスタイルでなかったとしても、いずれにしてもボルボXC40やマツダCX-5も含めて今まで見てきたとても興味深いCUVのうちの一つである。

もし、このミラノの自動車会社が、このような美しくエレガントなモデルを作ることができるなら、将来の購入者は必ずししや幸せになるだろうし、その購入に満足をするであろう。いまや全ての新しいSUVレンダリングを通じてピックアップバージョンを見ることは伝統的になってきた。

f:id:cucinabitabile:20190402064804p:plain

clubalfa.it様より引用

デザイナーAksyonov Nikita氏は、アルファロメオトナーレの6輪バージョンをデジタル化した興味深いプロジェクトをネット上に公開した。ビショーネのコンセプトは、リアに電気モーターを搭載したプラグインハイブリット車である。6X6バージョンに加えて、同じデザイナーは二つ目のバラエティとして4輪ピックアップも創作した。

f:id:cucinabitabile:20190402064934p:plain

clubalfa.it様より引用