Cucina Abitabile 〜キッチンに住む〜

クチーナアビタビーレそれは居住可能なキッチンの意。

フランスパン: パナソニックHB SD-MDX101

今回は粉を買ったのでフランスパンを作ってみました。

f:id:cucinabitabile:20190626091117j:image

私たちは都内で購入できるバケットで一番美味しいと思うヴィロンなのですが『ヴィロン』とはフランスの老舗製粉メーカー「MINOTERIES VIRON」社のことこです。「ラ・トラディション・フランセーズ」はそのヴィロン社が出している小麦粉ですがヴィロンで売っているバケットの粉はレトロドールなのでラトラディショナルフランセーゼとは違います。

なんと1キロ1,000円程しました。普通の小麦粉の倍です。ホームベーカリーでどんなパンが焼けるのか?粗蛋白が10.5%とかなり低いのでホームベーカリー推奨ではない小麦粉ですがフランスパン自動モードがありますので焼いてみました。

f:id:cucinabitabile:20190628144123j:image

案の定パンの捏ね羽根がパン生地に入り込んで取るのにかなり苦戦しました。とにかく温かいうちに衝撃を与えて振り落とすしかないのです。

振って振って振りまくる。

ドサッ。出た。

f:id:cucinabitabile:20190628144121j:image

f:id:cucinabitabile:20190628144115j:image

気泡があります、フランスパンっぽい。
f:id:cucinabitabile:20190628144118j:image

レシピの砂糖の量を半分くらい減らし250gの粉に対して10gにしました。それでも多かったなぁー。

しっかりとした粉の味がして美味しいです。さっくりしていてアンデルセン、リトルマーメードのパンドミーみたいな味。リトルマーメードのは結構硬めだと思っていましたがこちらの方が食感と言うか歯ごたえはすごいです。前回作ったパナソニック渾身のパンドミーより好きな味です。最近は生食パンや高級食パンの様な甘くて柔らかいパンが人気なのですが食事パンとして食べるならこのフランスパンの方が好きですね。

まぁこのヴィロン社の粉も一役かっているとは思いますが。

さぁー次はなにを作ろうか?