Cucina Abitabile 〜キッチンに住む〜

クチーナアビタビーレそれは居住可能なキッチンの意。

デュデスタン 妙典

国際パンコンクールで優勝されたパン職人さんのパン屋さんです。スイスのロンド社のパイシーターが厨房にに鎮座してました。クロワッサンが美味しいのも分かる気がします。機械にもこだわってます。

大体夕方には無くなっているのに夕方にしか行った事がないのでパンがたくさん並んでる時にほとんど行った事がありません。

今回も数種類数個しかありませんでした。夕食のパンを探してたのでクロワッサンダマンドやショコラダマンド各320円は見送り、チーズフランスと菓子パン1つ買いました。

どちらも名前と値段が忘れました。レシートには220円と280円でした。多分菓子パンの方が280円じゃないかと思います。

食事パン。

f:id:cucinabitabile:20200115075750j:image

普通のチーズパンの様ですがこちらは底が餃子の羽付きの様にチーズの羽がミソだそえで食べてみると香ばしいチーズは確かに美味しいですがパンの生地がとても美味しくてチーズに負けてませんでした。フランスパンの様なハードではないですがふわふわのコッペパンの様な生地でもありません。程よい弾力と少しハードな生地が味わい深く美味しかったです。

菓子パンは、

f:id:cucinabitabile:20200115075756j:image

2人とも余り抹茶のお菓子やパンが好きではないので敢えてこのパンを選んでみました。
f:id:cucinabitabile:20200115075753j:image

クーベルチュールホワイトチョコが入っている様ですが溶けてしまっているのか見当たりませんでしたが、
f:id:cucinabitabile:20200115165620j:image

外側がカリカリしているのでホワイトチョコレートが焼けているのだと思います。

パンはバターの甘さがしっかりして抹茶は主張しすぎず中で解けたと思われるホワイトチョコのミルキーさと混ざってとても美味しかったです。