Cucina Abitabile 〜キッチンに住む〜

クチーナアビタビーレそれは居住可能なキッチンの意。

アンビカ インド食材専門店 蔵前

相方、最近すっっごく辛いものが食べたいと言います。ストレスからでしょうか?私と家にずっといると??あれ?私も顎にニキビが。

f:id:cucinabitabile:20200505141247j:image

アンビカ、ここはよく行くインド食材店です。よく行くからと言って、特にすごくカレーを食べる訳ではなく、サラダに入れるひよこ豆を1kg買ったりその他珍しいインドの豆や、毎朝のヨーグルトに入れる黒ごま1kgとか、ナッツ各種キロ単位、手作りマスタードに使うマスタードシードもここで買います。明るくて綺麗なお店です。

f:id:cucinabitabile:20200505141251j:image

今回もナッツを買いに行ったら、相方がインスタントの辛いカレーありますか?とインド人の店員さんに質問。2つ持ってきてくれて2つの内1つは中辛で大辛には合わせて食べるパンも見せてくれたので今日は昼にその大辛インドカレーとせっかくなので辛さ比べで家にあったタイカレーで1番辛いと店のポップ表記のグリーンカレーを作りました。作りましたと言うかインドカレーはレトルト。

f:id:cucinabitabile:20200504174502j:image

原材料表記
f:id:cucinabitabile:20200504174514j:image

これがタイカレー
f:id:cucinabitabile:20200504174454j:image

パッケージと同じ様に作りました。
f:id:cucinabitabile:20200504174458j:image

イカレー用にインディカ米を炊きました。
f:id:cucinabitabile:20200504174506j:image

お、インドカレーは後から喉がピリピリくるけど、有吉ゼミの激辛ゴルゴ松本が食べてるのをイメージしていたので全然辛くない。

パンはこんな形状です。これで税抜き371円だったかな?

f:id:cucinabitabile:20200504175025j:image

内容もそんな悪いもの入ってません。ヨーグルトとか入っていて面白そう。ムンバイパンという様です。ネットで調べてみたら西インドでは西洋のパンをカレーと合わせたりするんですって。
f:id:cucinabitabile:20200504175028j:image

ふわふわ。
f:id:cucinabitabile:20200504175020j:image

このパンはアンビカに行ったら見てはいたのですがナンなら買うと思うのですがカレーにパン?インドの人の朝ごはん用?何のためのパンだろう?と思いながら横目で見てました。

これをインドカレーにつけて食べると

f:id:cucinabitabile:20200504174509j:image

わぁーパンに少し酸味があってカレーに合います。この柔らかさがクセになる。美味しいです。普通のパンなんですがちょっと普通と違う。ふわふわなのに少し酸味があるパンなんて食べたことなかったかも。酸味があるパンってライ麦系や加水パンで大体どっしりかもっちりです。カレーはピリピリと辛い中にじゃがいもとか豆とかそんな優しい甘さのある。いわゆるレトルトの味がしなくてすごく美味しいです。こんなに美味しいなら一から作るこのカレーはどんなに美味しいのだろう?

イカレーの方がずっと辛い。こちらはやっぱりご飯に合います。食べ始めると癖になって食べ続けてしまうそんな味と辛さ。

どちらもカレーなのに全然違います。どちらも美味しいですがインドカレーははじめての味なのでとても面白かったです。

f:id:cucinabitabile:20200505142147j:image

もう一つ買ったのでまた楽しみ!ひよこ豆のカレー辛さは中辛。今日のがさほど辛くなかったので中辛は甘いくらいかもしれません。ここのレトロは保存料ゼロ、ベジタリアン向け、グルタミン酸ナトリウム無添加です。すごい。今日のカレー食べた後に変な胸焼けがなかったのも無添加なのが理由かもしれないです。