Cucina Abitabile 〜キッチンに住む〜

クチーナアビタビーレそれは居住可能なキッチンの意。

ホームベーカリー Panasonic SD-MDX101

今まで買ったホームベーカリーはPanasonicT-fal

Panasonicは1.5斤焼けるタイプのものでしばらく使ってましたがこのままでは自分でパンを成形して焼かなくなってしまう!と怖くなり手放しました。

その次はT-falバケットも焼けるというホームベーカリーでした。この頃バケット作りにハマってましてクープと気泡が思い通りになるまで1日2本を一晩野菜ケースで低温発酵させて毎日焼いてました。

オーブンの余熱なしでホームベーカリー内でバケットが完結できるなら面白そうと買ってみましたが本格バケットなんて作れるわけもなく、さらに柔らかい食パン系が不得意なフランスメーカーT-falでしたので食パンがあまり美味しくなかった。これも綺麗なうちに手放しました。

そしてグルテンフリー生活をし始めてパンが食べられなくなり見つけたのがタイガーのKBD-X100。無添加米粉パンが作れるのはこのホームベーカリーだけ。値段が下がらず高いままで欲しいなぁとずっっと思っていましたが、まさかのPanasonicのホームベーカリーを買うことにしました。

決め手はマニュアル機能とマイねり機能です。

マニュアル機能は捏ねる、発酵、焼くと単独で出来るようになりました。

本当はニーダーを買おうと考えていたのですがもし毎日のサンドイッチ用のパンを作る為に今メインで使うならホームベーカリーがベストなんじゃないかなとなりました。

成形してパンを焼きたい時は捏ねの機能があればホームベーカリーでも十分楽しめるのではないか、たまにパンは食べるけど毎日米粉パン食べるほど需要はないからちょっとメジャーどころに手を出してみました。

最大粉量300gまでだと思いますが食べきりにはいいサイズ。ベーグルでもマルイチベーグル並みに大きく作るなら4個分小さく作るなら6個作れるくらいです。今の自分には丁度いい分量かもと。

 

Panasonicで躊躇するのが毎シーズン新しい機種が出ること。せっかく買っても半年後に新しい機能が付いた機種が出て半年後に買っとけば良かった!と後悔する事になります。

そんな事で今回もこの機種が出てから既に8ヶ月も経ってしまったのでもうすぐ新機種が出るのではないかとドキドキですが買ってしまいました!

7/2やはり新機種発表ありました。

https://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1193/534/amp.index.html

でも変更もマイナー、見た目も変わりませんので今回は先に買ってしまっても勝ちとします。

買った機種の値段は下がると思いますが出る機種の値段は下がりませんから。

ふん、いいだ。パナソニック見たろ!

他にも考えがあるっ!

実際に実現したらまた記事に書きます。

 

 

さぁ、気を取り直して。

 

 

ザンっ!

f:id:cucinabitabile:20190622085847j:image

f:id:cucinabitabile:20190622085901j:image

今ブラックの家電流行ってますよね。前機種からブラック推しのカラーバリエーションです。キッチンに出しっ放しにする事はないと思いますがうちのキッチンの引き出し部分がほぼくらいグレーなのでホームベーカリーも黒にしました。

f:id:cucinabitabile:20190625181627j:image

タイガーのコンパクトなホームベーカリーと比べるとこのパナソニックは従来のものより大きいし結構重い。

さて、新しいホームベーカリーはどんなものか楽しみたいと思います。

捏ね機能で成形したパンをアレで焼いてみたい!

そのアレとはまた別の記事で。